IR-OBIRCH 解析装置

赤外レーザを照射し配線の温度を変化させることにより生じる電流の変化を捉え、ICチップ内部のショート、リークや高抵抗などの不良箇所を特定します。
故障解析/不良解析/製品解析のご依頼・お問い合せメールフォーム

〒520-2362 滋賀県野洲市市三宅800番地

株式会社アイテス 品質技術

営業担当 Tel:077-599-5020 Fax:077-587-5901

特徴

  • パワーデバイス、受発光デバイス、ICチップなどのショート、リーク、高抵抗不良箇所特定に有効
  • パワーデバイス、ICチップの裏面からの解析可能
  • IR、可視光コンフォーカル顕微鏡、エミッション顕微鏡観察(発光解析)用InGaAS、CCDカメラを併せて搭載
  • チップ表面をパッケージされたままで解析可能

装置概要

装置仕様
型式 :PHEMOS-1000(浜松ホトニクス製)
裏面観察対応、IR、可視コンフォーカル顕微鏡搭載、エミッション顕微鏡観察(発光解析)用InGaAS、CCDカメラを併せて搭載装置写真
レーザ :波長1300nm、最大出力532mW
OBIRCH標準アンプ :設定電圧10mV~10V、最大許容電流100mA、最小検出電流10nA
OBIRCH微小電流アンプ :設定電圧10mV~25V、最大許容電流100μA、最小検出電流10pA
最大視野 :13mm x 13mm
対物レンズ  ×1、×2、×5、×20、×50(高NAレンズ)
スキャン倍率  ×1、×2、×4
マニュアルプローバ 装置写真
型式 :PM8-DSP(KARL SUSS製)8インチウエハ表面/裏面プロービング可能
マニピュレータ最大6台

 

IR-OBIRCH 解析装置 解析事例紹介

■ 配線TEGのショート不良の解析事例 ■ コンタクトチェーンTEGの高抵抗不良の解析事例 ■ パワーMOSFETの裏面解析事例→ 原理紹介のページへ 配線TEGのショート不良の解析事例  櫛状の大規模配線TEG(Test Element Group)モニタで見つかった金属配線間のショート不良の解析事例である。 ショート抵抗値が10MΩと大きい...

IR-OBIRCH 解析装置 原理紹介

■ IR-OBIRCH の基本原理 ■ IR-OBIRCH 解析の原理 ■ SEI 解析の原理 → 解析事例紹介のページへ IR-OBIRCH の基本原理 図1-1のような、絶縁された2本の金属配線①と②があるとする。両配線間に定電圧を印加しても電流は流れない。 今、図1-2のように、ゴミなどの異物が両配線間にあれば、両配線間にリーク電流が流れる...