イメージング FT-IRによる微小異物分析

異物分析に新しい手法が登場しました。特定波長の赤外線吸収スペクトルに対応した、分布イメージが取得できます。また、従来のFT-IR装置と比べ半分以下の微小異物まで分析可能となります。

顕微ATR (Attenuated Total Reflection method:全反射法)

約5μm以上あれば異物のIRデータが取得できます

有機物の面分布像

有機物の面内分布の観察が可能です

有機物の時間変化

秒単位で変化する有機物の状態測定ができます

特徴

測定方法:イメージでデータ収集し、ピクセル単位でスペクトル表示ができます。
測定領域:透過法/反射法 175μm、ATR法 35μm
空間分解能(ピクセルサイズ):透過法/反射法 5.5μm、ATR法 1.1μm

分析事例:付着異物分析(有機フィルム上の異物)

滑剤の光学顕微鏡写真
脂肪酸アミドの分布
珪酸塩の分布