液晶パネルの解体、および液晶成分分析例

液晶を使った機器の解体

溶媒を用いて液晶のみを抽出し各種分析

・GC/MS

・LC/MS

・分取後に

NMR,TOF-SIMS,IR


GC/MSによる分析 液晶のTIC

GC/MSによる分析 液晶のTIC

 

各ピークの推定構造

各ピークの推定構造

<解析フロー>

①分析結果を解析し、社内で蓄積した液晶データベースを用いて液晶の分子構造を推測、決定

②各ピーク面積から液晶の含有率を算出

③推定構造からその液晶が持つ特性を考察

<考察例>

・極性の末端基(F基)が多い

・環が2個以上連なるものが多い

⇒高い液晶相転移温度を持つ

⇒温度が高くなっても稼働

バックライトによる発熱が強くても稼働する液晶設計と推定

<解説>

・分子全体の双極子モーメントが大きいほど、高精度な駆動が可能

・主鎖に環状構造(ベンゼン環)が多いと熱に安定