LEDの信頼性試験

LEDデバイスの信頼性試験

LED とは Light Emitting Diode の頭文字を取ったもので、光を出す半導体デバイスです。
近年、省エネ効果が注目され急激に普及し、信頼性試験の必要性も高まっています。

試験の概要
  • 半導体デバイスの試験でよく用いられるJEITA規格の他、JISやJEDECなどの各種試験規格、規格外のご希望の試験条件でも対応致します。(一部の試験内容については外部機関にて試験を実施する場合がございます。)
  • 動作試験は各種温度条件と組み合わせて試験を実施可能です。
  • 動作試験中に In-situ測定システムを使用し、動作時の電圧モニターが可能です。
    モニターする事により、電気的な不良の発生時間を正確に把握することが出来ます。
主な試験項目
試験項目 参考規格
温度サイクル試験 JEITA ED-4701/100 105
温湿度サイクル JEITA ED-4701/200 203
高温保存試験 JEITA ED-4701/200 201
高温高湿保存試験 JEITA ED-4701/100 103
低温保存試験 JEITA ED-4701/200 202
高温動作試験 JEITA ED-4701/100 101
高温高湿動作試験 JEITA ED-4701/100 102

ある試験風景

左の写真は動作用配線のみですが電圧モニター時はモニター用の配線を追加で行います。

また白色LED以外の各種LEDについても試験対応致します。

右写真のように、単体のLEDデバイスだけではなく、40W蛍光管サイズまでのLED照明の試験も可能です。