高温試験 / 高温動作試験

試料が高温条件下に晒し試験を実施し、耐熱性を評価するために実施されます。
また、接合部界面部のボイド発生等の劣化評価にも使用されます。
他の試験の前処理(乾燥・脱湿処理)として実施される事も多くあります。

使用装置 / 高温器

装置の主なスペックと保有台数

内法:W600×H600×D600mm 、温度範囲:(周囲温度-20)℃~300℃
内法:W800×H800×D800mm 、温度範囲:(周囲温度+20)℃~300℃
内法:W1,000×H1,000×D1,000mm 、温度範囲:(周囲温度+20)℃~200,300℃

試験規格の例

JIS C 60068-2-2 環境試験方法 -電気・電子- 高温(耐熱性) 試験方法
EIAJ ED-4701/100 method 101 Steady state operating life
EIAJ ED-4701/200 method 201 High temperature storage
JESD22-A101 Steady State Temperature Humidity Bias Life Test

その他、様々な試験規格で規定されています

 

高温試験事例