微小硬度計による材料の評価事例

サービス概要

  1. 微小硬度計はユニバーサル硬度(国際規格準拠)を測定し、ビッカース硬度と相関関係があります。
  2. 圧子を材料中に押込む侵入深さと除荷後回復する、荷重/侵入深さ曲線より硬度を求めます。
  3. ビッカース硬度計と比べ、薄い試料(μmレベル)、小さい領域(数十μmΦ)での測定が可能。

特徴

微小硬度計全体像,Fischerscope H100
微小硬度計全体像
Fischerscope H100

  1. 荷重/侵入深さ曲線より硬さを測定するため、弾性および塑性変形に基づくユニバーサル硬度以外に、ヤング率、塑性硬さや回復挙動における特性値を求めることが可能です。
  2. 微小硬度測定の応用範囲 :金属、高分子、セラミックスいずれも適用可能。塗膜、プラスチック皮膜、セラミックスの硬度ヤング率、Al陽極酸化膜、耐摩耗性薄膜の代用特性、高分子膜の劣化評価
  3. 押込み荷重:0.4mN~1N (0.04~100gf)
  4. 室温での測定以外に高温測定(~150℃)も可能です。

高分子膜の圧縮強度の評価

荷重を変えた高分子膜の荷重/侵入深さ曲線
荷重を変えた高分子膜の荷重/侵入深さ曲線
4種類の高分子膜:a,b,c,dの荷重と回復率の比較
4種類の高分子膜:a,b,c,dの荷重と回復率の比較

3μm厚に調整した4種類の高分子膜の機械的特性を比較するため、微小硬度計による、荷重/侵入深さ曲線(左上)を測定した。この結果を基に、荷重/回復率(右上)を求めたところ、塑性変形の違いが明確になった。
塑性変形:大←a,b,c,d→小。