化学反応機構研究所

「いったい、どうなってんねん?」にお答えします! 

製品の製造過程、および使用時において、
いろんな不具合が発生します。

その中でも材料特性に関わるような課題で、
「おそらく材料が原因なんだろうけど、
何をどうすればよいのかなあ」、
とお悩みの方々へ。

化学反応機構研究所 が、
電子、原子、分子、および化学反応メカニズムの視点で解決へと導きます。

ビーカー

●Aさんのお悩み 『なにかしら、この変色は、、、どうしてなの?』

変色不良例
  • 表面のこの部分だけ、色が違うなあ
  • ここだけ、白く光って見えるなあ
  • よくみると、小さなブツブツが表面に出てきてるなあ

●Bさんのお悩み 『なんだ、このクラックは、、、どうして?』

クラック 不良例
  • あれ?なんでこんなところにヒビがはいってるのかなあ
  • そんなに使用していないのに、なんですぐにひびが入ったのかなあ
  • 液体が付着したら、なんかヒビが入ってるなあこの製品。

●Cさんのお悩み 『なんだ、この強度低下は、、、どうして?』

強度不足 不良例
  • すぐに割れてしまうなあ
  • この部分だけ、脆いなあ
  • 引張試験をすると、すぐに千切れるなあ
  • ちょっと引っ張ると、異常に伸びちゃうなあ

●Dさんのお悩み 『なんだ、この密着不良は、、、どうして?』

密着不良例
  • 上からコーティングしたら、はじいてしまうなあ
  • 張り合わせても、剥がれるなあ
  • 違う材料同士だから、くっつかないのかなあ
  • 張り付かないなあ

なんだ、なんだ・・・どうして? どうして?・・・どうしよう、困ったなあ・・・

そんなお悩みがある時は・・・

『アイテス 化学反応機構研究所 までお気軽にご相談ください!』
化学のプロがあなたのお悩みに最適なソリューションを提供します

  • 材料化学視点で、データ解析 → 化学反応 A + B → C + D → 解明
  • 化学機器分析にて、分析解析対応
  • 再現性試験  などなど

化学的、科学的にアシストします

分析

分析と化学反応機構で
研究開発をアシストします!

アイテスは、保有する多種多様な機器分析装置、観察装置、信頼性試験装置、そして蓄積された知見と化学反応機構でメーカー様の研究開発をアシストいたします!

お問い合わせはこちらから
株式会社アイテス 品質技術部
TEL:077-599-5020