熱分析

DSC(示差走査熱量分析)

DSC(示差走査熱量分析)は試料の温度変化によって発生した基準物質との温度差から、
熱量差を求め、試料の吸熱/発熱の度合いを観察する分析手法です。

TMA(熱機械測定)

熱機械測定(TMA)は、試料に一定の荷重をかけた状態で試料温度を変化させ、
試料の寸法変化を測定する手法です。
材料の熱膨張、熱収縮、ガラス転移温度、などの情報が得られます。

TG-DTA(熱重量示差熱分析)

熱重量示差熱分析は試料の温度を一定のプログラムによって変化させながら、試料の重量測定
(TG)と試料と基準物質の温度差の測定(示差熱測定)(DTA)を温度の関数として同時に
行う分析です。

DMA(動的粘弾性測定)

DMA(動的機械測定)は高分子材料に周期的な振動荷重を与え、生じる応力と位相差から、弾性や粘性を
温度の関数として測定する分析です。ガラス転移、緩和など高分子の分子運動や分子構造に関わる情報を
得ることができます。