メルトフローレイト(MFR)測定評価サービス

プラスチックの押出/射出成形加工は、その原料の耐熱温度(融点 Tm)に応じて条件設定されるが原料の劣化変質により、決められた設定温度で成形加工が困難となるケースもある。プラスチック原料のペレットや粉末のメルトフローレイト(MFR)を確認することで、従来品と変化がないかを把握することができます。

メルトフローレイト(MFR) (メルトインデックス(MFI/MI))測定について

JIS規格、または樹脂に適した温度で溶融させ荷重をかけ、10分間に(換算して)流れ出てきたプラスチック(樹脂)の重量を測定します。材料、および組成により温度、荷重の条件出しが必要な場合がある。

MFR

評価事例

未処理(負荷なし)、温湿度負荷(恒温恒湿試験)、および紫外線照射したPP(ポリプロピレン)を射出温度230℃、荷重5kgで評価。

<サンプル外観写真>

未処理PP

未処理PP

8585PP

8585PP

紫外線照射PE

UV-PP

  • PP:ポリプロピレン
  • 8585:85℃ 85% ⅹ 336時間
  • UV:紫外線照射 253.7nm x 336時間
  • 射出時間:10分(3分から換算)
測定評価
  • 未処理(負荷なし)サンプルと8585サンプルに差異は見受けられない。
  • 紫外線照射サンプルは、分子構造の変化が流動性に影響を与えている可能性がある。
  • 外観の変色だけでは、成形加工プロセスへの影響を把握できないため、MFR評価の情報は有益である。

装置仕様、および関連分析評価サービス内容

温度範囲

100~350℃(精度±0.2℃)

サンプル形態、必要量

粉末 ペレットなどの固体 15~20 g 程度

対象プラスチック

熱可塑性樹脂

対象製品

半導体パッケージ、LCD構成素材、LED構成素材、電子部品、フィルム、自動車プラスチック部品 など

<その他関連評価分析>

  • IR/ラマン分析 → 材料組成構造分析
  • 色差計 → 黄変評価
  • 熱分解GC-MS → 分子構造分析
  • GPC → 分子量分布
  • 信頼性試験 → 温度 湿度の影響 など

化学分析・物理解析から信頼性試験まで アイテス にお任せください!

お問い合わせはこちらから
株式会社アイテス 品質技術部
TEL:077-599-5020