非破壊観察サービス

非破壊観察は信頼性試験の前後の内部状態の変化、故障解析前の不具合箇所の位置特定等に用いられます。

X線透視・CT検査装置

YXLON製 マルチフォーカス Cheetah EVO を導入しました!
電子部品、樹脂ゴム、ゴム部品、金属部品など、さまざまな用途に活用できます。

MLCCクラック X線観察

実装基板に反り、たわみ、捻じれ等の応力が加わると、MLCC(Multilayer Ceramic Chip Capacitor:積層セラミックチップコンデンサ)内部にクラックが生じることがあります。内部で発生したクラックは電極に隠れている場合が多く、外観からではクラックを確認することが出来ない場合があります。そんな時はX線で確認してみてはいかがでしょうか?

信頼性試験から観察までトータルコーディネート

信頼性試験から観察まで一貫したサービスをご提供いたします。試験終了からタイムラグなく観察ができ、保管や移動リスクの低減が実現できます。 試験/観察環境 試験環境、観察環境が重要な評価として、ウィスカ観察がありますがウィスカは非常に繊細で、振動・空気の揺らぎなどに敏感なため、試験後の移動・保管などの取り扱いには注意が必要です。特に輸送による振動は、影響がでることがあります。弊社では...

トグルスイッチのX線観察

実装前のトグルスイッチ部品において、操作レバーが切り換わらない不具合品が見つかりました。X線で透視観察を行ったところ、内部の金属板がズレている様子が観察され、不具合の原因が判明しました。

ACアダプターのX線観察

出力が安定しないACアダプターをX線観察装置(YXLON社製 Cheetah EVO)により観察したところ、断線部位が発見されました。非破壊で行えるX線観察は初期観察に有効です。

超音波顕微鏡 Scanning Acoustic Microscope (SAM)

受託試験 超音波顕微鏡 Scanning Acoustic Microscope (SAM)観察のご紹介です。
非破壊観察を実施します。半導体パッケージ、基板、電子部品等の接合部及び材料の内部及び密着性状態の不具合の検出が可能です。

半導体パッケージ剥離部の非破壊観察( 超音波顕微鏡 )

受託試験 半導体パッケージ剥離部の非破壊観察( 超音波顕微鏡 )のご紹介です。
半導体プラスチックパッケージは保管、実装の条件等によりリードフレームと樹脂間の剥離を起こすことがあり、非破壊での観察が要求されます。超音波顕微鏡観察が有効です。

非破壊検査・超音波顕微鏡観察の動画

受託試験 非破壊検査・超音波顕微鏡観察を動画でご紹介しています。
超音波を利用した超音波顕微鏡での観察により、半導体パッケージ、電子部品及び材料などの内部の構造や界面剥離、ボイド、クラックを観察することが出来ます。非破壊での観察を行う場合には有効な試験です。

太陽電池のEL発光観察

受託試験 太陽電池のEL発光観察のご紹介です。
EL発光を検出し画像化することで太陽電池の性能評価、不具合箇所の特定を行います。