トグルスイッチのX線観察

実装前のトグルスイッチ部品において、操作レバーが切り換わらない不具合品が見つかりました。X線で透視観察を行ったところ、内部の金属板がズレている様子が観察され、不具合の原因が判明しました。

トグルスイッチの観察事例(X線透視観察&直交CT観察)

実体顕微鏡像

実体顕微鏡

X線透視像

X線透視像

本来、金属板は中央の端子を軸にシーソーのように動き回路を切り替える役目をしていますが、不具合品では金属板がズレているため、レバーが反対側に切り換わらず、回路の切り替えができなくなっていました。

X線CT像

CT観察では3D像の他、X、Y、Z方向の任意のスライス断面像が得られます。

お問い合わせはこちらから
株式会社アイテス 品質技術部
TEL:077-599-5020