GC-MS ガスクロマトグラム質量分析計

部品・部材・残存溶媒や添加剤など、揮発性有機物の定性・定量に用いられる分析装置です。
島津製作所社製 最新装置を導入しました!

GC-MS 装置概要

▻ GC-MS本体
・GC-2030(島津製作所社製)
・GCMS-QP2020 NX(島津製作所社製)
▻ヘッドスペースサンプラ
 ・HS-20(島津製作所社製)
▻熱分解分析装置
 ・マルチショットパイロライザーPy-3030
 (フロンティアラボ社製)
▻仕様
 ・検出下限   数 ppm(測定対象により様々)
 ・ヘッドスペース 40~300℃
  試料サイズ 13mm x 40mm以下
 ・熱分解分析装置   50 ~1050℃( EGA測定対応可能 )
  試料サイズ ~4mm

GC-MS ガスクロマトグラム質量分析法とは

試料に含まれる成分の定性・定量を目的とした分析手法(装置)の一つです。

測定対象がガス化することが必要条件(沸点300℃未満)となりますが、IRやRAMANに比べ感度が高い点、GC部での成分分離が可能な点から、混合物の成分分析に向いています。

定性の流れ
試料を導入、成分分離(要条件検討)、各成分のイオン化により得られるマススペクトルとライブラリーの比較により化合物の推定を行う。

分析対象物の例

▻オイル
 ・各種成分の定性
▻プラスチックやフィルム、ゴム製品、基板等
 ・添加剤や残存溶剤等の定性分析(ヘッドスペース、又はパイロライザー)
 ・分解温度での発生ガス分析から、ポリマー種を推定(パイロライザー)
▻液晶
 ・サンプル間での比較により、微量不純物を定性