成分・材料分析

顕微ラマンによる多層材料分析

共焦点光学系が採用されている顕微ラマン分光光度計で、顕微鏡のように深さ方向に焦点位置を
変化させ、多層膜の表面から各層の材料分析が可能です。

顕微ラマンによる樹脂材料結晶化度分析

顕微ラマン分光光度計によって得られるスペクトルから、ピークの半値幅の違いにより、微細な範囲で 樹脂材料の結晶化度を求めることができます。 ラマン分光法による樹脂材料の結晶化度分析 ラマンスペクトルの線幅は結晶性を反映して変化します。 例:PET(polyethylene terephthalate) C=O伸縮バンドの半値幅と結晶化度の間に 相関がある これを利用して...

液晶成分のGCMS分析

液晶ディスプレイには小さな有機物(液晶分子)が入っています。
それらは技術革新に伴い、製品の特性に適した分子構造へと発展していきました。
それらの違いを分子レベルで解明することで、使用目的に合った液晶分子であることや、不純物の有無を確認することができます。

有機/高分子素材の構造解析

材料開発/製造における素材の分析、および分子構造の受託解析サービスをご提供いたします。

液晶パネルの解体、および液晶成分分析例

液晶パネルの受託分析です。液晶パネルを解体から、溶媒を用いて液晶のみを抽出し、液晶成分の分析を行います。

GC-MS ガスクロマトグラフ質量分析計

受託分析 ヘッドスペース法GC/MS分析のご紹介です。残留有機溶剤・低分子物質の分析に最も用いられる分析方法です。

クロマトグラフィーによる有機物定性・定量分析

クロマトグラフィーによる受託分析のご紹介です。
有機物は、ヘテロ元素やハロゲン元素が組成に含まれている場合、電気陰性度の違いから生ずる極性により、分子間力(クーロン力)が発生します。極性を有しない有機物質にも小さな分子間力(ファンデルワールス力)を生じます。分子間力の違いを利用した分析です。

イオンクロマトグラフ分析の液晶製品不良への応用

受託分析 イオンクロマトグラフ分析のご紹介です。
液晶製品の表示不良の中で、イオン性不純物に由来する問題を解明します。