イメージングFT-IRによる有機多層膜の分析

ミクロトームで薄片化した有機多層膜を透過法によるFT-IRイメージングにて有機膜の層構成を調べることが可能です。

高機能多層フィルム断面のイメージングFT-IR分析

試料:高機能多層フィルム
測定領域:透過法/反射法 175μm、ATR法 35μm
空間分解能(ピクセルサイズ):透過法/反射法 5.5μm、ATR法 1.1μm

ミクロトーム薄片化後の多層フィルム試料 光学顕微鏡像

(a) ミクロトーム薄片化後の多層フィルム試料 光学顕微鏡像

(b) IR image:1700cm-1のabsorbance

各層のFT-IRスペクトル

(c) 各層のFT-IRスペクトル:①層と④層はポリエチレン、②層はPET、 ③層はエチレン/アクリル酸共重合物と推定されます。

ATR法によるFT-IRスペクトルをもとに得られたイメージングから、アルミ・ラミネート・フィルムといった有機多層膜の断面解析を行うことができます。

イメージングATR法

ATR法(Attenuated Total Reflection)は、分析対象物に右図のような、マイクロATR結晶を密着させ、赤外線の全反射により表面付近の分析を行う手法です。

 

対象物に当てる結晶の屈折率の影響で、見かけの空間分解能が高くなり、より小さな異物の分析が可能となります。

ATR法

アルミ・ラミネート・フィルム断面のイメージングATR分析

アルミ・ラミネート・フィルム 断面光学像

(a)アルミ・ラミネート・フィルム 断面光学像
(赤枠がFT-IR分析領域)

アルミ・ラミネート・フィルム断面各点の FT-IRスペクトル

(b) アルミ・ラミネート・フィルム断面各点の
FT-IRスペクトル

(c) はアルミ・ラミネート・フィルム断面各点のFT-IRスペクトル(b) から、2927cm-1 のピークを選んで作成したイメージ像。

接着層と考えられる、1.5~1.9 μm 程度の厚みの層が明瞭に捕らえられている。

2927cm-1のFT-IRイメージ

(c) 2927cm-1のFT-IRイメージ

お問い合わせはこちらから
株式会社アイテス 品質技術部
TEL:077-599-5020