恒温恒湿試験/恒温恒湿バイアス試験

高度な技術力でお応えする分析会社です。

恒温恒湿試験は試料が恒温/恒湿条件下に晒された場合の耐湿性の評価等で実施されます。恒温恒湿バイアス試験はイオンマイグレーション評価等のために実施されます。恒温恒湿試験器は温湿度を制御する事が出来る為、温度特性の確認・吸湿性の確認の為に実施したり、梱包材の密封性の評価等を行ったりする場合も有ります。

使用装置 / 恒温恒湿試験器

 

恒温恒湿試験装置の主なスペックと保有台数

内法:W960×H1,000×D720mm 、 温湿範囲:-70~+100℃/20~98%
内法:W960×H1,000×D720mm 、 温湿範囲:-20,-40~+100℃、+150℃/20~98%
内法:W570×H850×D520mm 、  温湿範囲:-70~+150℃/20~98%
内法:W570×H850×D720mm 、  温湿範囲:-20,-40~+100℃、+150℃/20~98%

恒温恒湿試験規格の例

JIS C 60068-2-3 環境試験方法 -電気・電子- 恒温恒湿(定常) 試験方法
EIAJ ED-4701/100 method 102 Temperature humidity bias (THB)
EIAJ ED-4701/100 method 103 Temperature humidity storage
IEC 60749-5 State temprature humidity bias life test
JESD22-A103 High Temperature Storage Life
JESD22-A108 Temperature, Bias, and Operating Life

その他、様々な試験規格で規定されています。

恒温恒湿試験装置の構成

☆外部印加及び測定

試験試料への電圧・電流印加 あるいは 抵抗測定等のための配線を行うために恒温恒湿試験装置にはケーブル孔が装備されています。

☆外部制御端子

試験の温度・湿度のパターンに連動して制御できる外部制御端子が装備されています。

試料への通電制御が行えます。

試料設置例画像

試料設置例

 

恒温恒湿試験 事例

 

 

恒温恒湿試験 適用例

  • 半導体パッケージ
  • 実装基板
  • 電子部品/電子機器製品
  • 樹脂材料
  • 太陽電池
  • LED/OLED
  • ディスプレイ/タッチパネル