冷熱衝撃試験


冷熱衝撃試験は、試料に高温と低温を繰り返し晒す事により、主に接合部の評価を実施します。
冷熱衝撃の高温・低温の熱によるストレスだけではなく、各部位の伸縮により応力が発生しそれによる繰り返し応力によってもストレスが加えられます。
電子部品の接合部だけではなく、ネジ等による固定部位の評価としても冷熱衝撃試験が行われます。

使用装置 / 冷熱衝撃試験装置 (気槽)

冷熱衝撃試験装置2
冷熱衝撃試験装置の主なスペックと保有台数
内法:W650×H460×D370mm 、温度範囲:-65~0 / +60~200℃
内法:W650×H460×D670mm 、温度範囲:-65~0 / +60~200℃
内法:W970×H460×D670mm 、温度範囲:-65~0 / +60~200℃

 

冷熱衝撃試験規格の例

JESD 22-A104 TEMPERATURE CYCLING
IEC 60749-25 Temperature cycle
EIAJ ED-4701/100 method 105 Temperature cycle
MIL STD-883 1010.8 TEMPERATURE CYCLING

その他、様々な試験規格で規定されています

 

冷熱衝撃試験装置の構成

☆熱衝撃モード
2通りのモードの選択が可能
・2ゾーン試験 : 低温 ⇔ 高温
・3ゾーン試験 : 低温 ⇔ 常温 ⇔ 高温
☆外部印加および測定
試験試料への電圧・電流の印加 あるいは 抵抗測定等のための配線を行うために冷熱衝撃試験装置にはケーブル孔が装備されています。
Sample

試料設置例

 

冷熱衝撃試験 事例

冷熱衝撃試験 適用例

  • 半導体パッケージ
  • 実装基板
  • 電子部品/電子機器製品
  • 樹脂材料
  • 太陽電池
  • LED/OLED
  • ディスプレイ/タッチパネル