色差計による樹脂の表色系、および透過率評価

樹脂は、成形加工、および調色がしやすいため多くの製品で使用されています。使用される環境によっては、変色しやすいことも事実であり、信頼性試験前後の表色系、および透過率の評価は欠かせません。
本資料では、透明樹脂の恒温恒湿試験前後における表色系、透過率の変化結果をご紹介いたします。

(xyY)およびL*a*b*表示系について

xyY表色系

xyY表色系

X:赤の色相だけを有し明るさはない
Y:緑の色相と明るさを共有する
Z:青の色相だけを有し明るさはない

x=X/(X+Y+Z)
y=Y/(X+Y+Z)
Y:明るさ(光の強さ)

L*a*b*表色系

L*a*b*表色系
  • L*  :明度(100:白 、0:黒)
  • a* b*:色相と彩度の色度

+a*は赤の方向
-a*は緑の方向
+b*は黄の方向
-b*は青の方向

恒温恒湿試験(85℃ 85% 168時間)前後の測定

試験評価サンプル:PVC(塩ビ) PET(ポリエチレンテレフタレート) ※8585:85℃85%負荷試験サンプル

PVC当ks立試験前後比較
PET透過率試験前後比較

温度湿度の負荷により、両サンプルともに色度は黄変方向にシフト、また透過率も試験後に低下している。

お問い合わせはこちらから
株式会社アイテス 品質技術部
TEL:077-599-5020