劣化破断したカニカンの分析と超微小硬度測定

長期の使用により破損したカニカンについて、断面から観察及び元素分析、超微小硬度測定を行った事例をご紹介致します。

破損したカニカンの観察

超微小硬度計による硬度比較

試験荷重10mN時の平均

硬度測定箇所
カニカン 破断部

ビッカース硬度

押込み深さ

①破断側

24.91

1.189 μm

②Edge側

22.38

1.251 µm

破断部の方が若干硬い傾向にあり、脆い可能性が考えられます。

破断部の面分析結果と超微小硬度(低荷重)の関係

面分析

SE

コントラストに若干の違い
(a) 暗い (b) 明るい

O

酸素量に違い
(a) 若干多い (b) 少ない

(a) 鉛が少なくアンチモンが若干多い
(b) 鉛が若干多くアンチモンが少ない

硬度測定結果

ビッカース硬度(試験荷重1mN時の平均)

(a)

(b)

平均

27.99

28.64

最大値

36.5

29.8

最小値

20.5

28.0

標準偏差

5.46

0.75

*押込み深さ 約0.32μm

 (a),(b)で硬度の平均値は大きく変わりませんが、(a)では最大値と最小値に大きな差があり、標準偏差値も大きくなっています。
 (a)の部分は酸素が若干多く検出されていることから、酸化している或いは空洞が存在することが考えられ、硬さが均一でないことを示しています。

お問い合わせはこちらから
株式会社アイテス 品質技術部
TEL:077-599-5020